インバウンドで地元地域を海外メディアに注目させる

「日本の特定地域が、海外主要メディアに取り上げられた!」という報道を耳にしたことはあるでしょうか。 例えば、京都が米旅行誌「世界の観光都市」のランキングで2014年・2015年連続で首位(2016年も6位)になったり、長野県の地獄谷野猿公苑のスノーモンキーが海外メディアで報じられ、知名度が世界的に高まりました。また、ニューヨークタイムズの「その年に行くべき52箇所」に日本(2015年は四国、2016年は関西地方、2017年は大阪、琉球諸島)がランクインするようなメディア掲載事例も多くあります。


海外メディアにアプローチする前に


2020年の東京オリンピックが近づくと、世界の視線が日本に集まり、日本の観光地を取り上げたい海外メディアが増えると考えられます。また、東京からのアクセスは良いが、まだ知られていない北関東のような「日本の穴場スポット」も、今まで以上に海外に紹介されるチャンスが増大すると考えられています。

そこで、ファムトリップを企画したり、プレスリリースを出すなど海外メディアへのアプローチを強化したい地域も多いのではないでしょうか。

しかし、どのようなアプローチをとるか考える前に、海外メディアが旅行記事を書く際に何を重視しているのか、どのような特徴を探しているのか、編集側のニーズをしっかり把握しておくことも大切です。編集側のニーズを理解し、求められる様なアピールができれば、結果メディア掲載の確率が向上するからです。


海外メディアに掲載されるためのポイント


海外メディアは様々な考えに基づき、旅行関連記事を書いております。「これがあります」「あれがあります」という地域のコンテンツの紹介だけでは、なかなか海外メディアに興味を持っていただけないこともお分かりになったかと思います。 海外メディアに興味を持ってもらうためには、前述したように編集担当者のニーズを理解することが大切ですが、Nikki Eksteinさんのお答えを参考にしますと、下の4つのポイントを網羅する必要があると思えます。

・これまでとは違った日本を体験ができるとアピールできるか?
・これまでにはなかった新しい旅のスタイルが提案ができるか?
・外国人観光客が過ごしやすいサービスがあるか?
・海外の人から見て、ワクワク感じる日本がそこにあるか?

海外メディア対応を強化する際や、プレスリリースを出したりする前に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

インスタグラムをビジネス活用する為に知っておきたいポイント


戦略的な投稿の重要性


Instagram(インスタグラム)は写真が全てです。

投稿には写真、または動画が必須となり、プロフィールページも、その写真で構成されます。

良くも悪くも、写真が全てを印象付けてしまいます。

ですので、投稿する写真はブランディングやマーケティングのための活動として戦略的に行うことが大事です。

自分が商品である、コーチ、コンサルタント、その他士業の方以外は、Facebookやブログのように、プライベートとビジネス双方の面で使用するのは避けるべきでしょう。

投稿ごとに、その目的や狙いを意識し、全体のデザインを考えた上で写真をアップする必要があります。

また、他のSNS活用と同様に、宣伝投稿や、プロモーション投稿の連発は嫌われます。

タップひとつでカンタンにリフォロー(フォロー外し)される世界です。

・ビジネスの裏側(店のバックヤード、生産工場等)の様子を見せる
・人(従業員、経営者)にスポットを当てる
・まだ公開していない新商品をチラ見せさせる

こういったひと工夫で、興味を誘うアカウントにすることができます。


企業の活用事例


Instagramはすでにさまざまな企業がブランディング、マーケティングのために活用しています。

実際に多くの企業が採用している手法が、”ユーザー参加型のキャンペーン”です。

PUMA、GU、LEVI’S USA、ニューバランスなど、アパレル系企業がよく実施しています。アパレル以外にも、ロクシタン新宿や、ダンキンドーナツなどもやっていましたね。

Instagram活用の基本パターンがコレではないでしょうか。

具体的には、一定の決められたハッシュタグなどを使い、モデルやブロガー、時には一般ユーザーから自社商品を使用した写真を投稿してもらうことで、コンテストを開催したり、オンラインカタログに掲載したりする方法。

InstagramはSNSです。モニターの向こうには生身の人間が存在し、その生身の人間と「コミュニケーション」をとっていかなくては、結果にはつながりません。

これは、これまでのFacebook、Twitter活用と同様です。

新聞、ラジオ、テレビのように、一方的に情報を投げつけるような、乱暴なマスマーケティングは一切通用しません。

担当者はこの部分はしっかりと肝に銘じておきましょう。

大切なのは双方向コミュニケーションと、共感の心です。

インスタグラムで集客するなら最低限押さえておきたいポイント5選


1.店舗情報を掲載する



インスタグラムには「ビジネスツール」という機能が搭載されています。 これはインスタグラムアカウントをビジネスで使用する方、特に実店舗をお持ちの方にはぜひ使用をオススメする機能です。 Facebookページがあれば誰でも簡単に切り替えることができますので、まだFacebookページを開設していない場合はページ開設からはじめましょう。

ビジネスアカウントに切り替えると、店舗の場所や連絡先などをインスタグラムアカウント内に掲載することができます。 アカウントを見たユーザーは、そのまま地図を立ち上げたり電話をかけたりすることができるため、店舗に訪れるためにわざわざ地図アプリを起動して調べたりホームページなどで連絡先や住所などを調べる手間が省けます。 ユーザーの手間を少しでも省くことで来店までの導線を短縮でき、結果来店数を向上させることにつながりますので、店舗情報を掲載するようにしましょう。


2.店舗内の様子を撮影した写真や動画を使用する



販売している商品の写真を投稿することはもちろんですが、店舗内の様子やスタッフの写真などを掲載して、店舗の雰囲気を伝えることもポイントです。 写真や動画に少し長めのテキストを添えた投稿をすれば、ブログを開設する手間を省けるだけではなくユーザーと店舗の距離感を縮めやすくもなります。 ここで注意したいのが、アカウント全体に統一感を持たせること。 例えば、スタッフとお客さんが仲のよいことを売りにしているのであれば、お客さんとのツーショットを投稿したりスタッフとお客さんの垣根なく盛り上がっている様子の動画を投稿する、などです。 自社店舗にどのようなイメージを持ってほしいのか、どのような人をターゲットとしているのかなどをあらかじめ定義付けしておくと、投稿内容に統一感をもたせやすくなります。

 


3.ハッシュタグを活用する


女性SNSユーザーを対象とした2016年9月の調査では、約6割のユーザーがハッシュタグ検索をすると回答しています。 また、ハッシュタグでの検索がきっかけで購買をした経験のあるユーザーが約4割にものぼるという結果が出ています。

このように、インスタグラムにおいて欠かせないハッシュタグを利用しない手はありません。 店舗や商品に関係のあるハッシュタグを使用することはもちろん、所在地をハッシュタグに使用したり、ツールなどを使用して人気のハッシュタグを調べて使用するなど、ハッシュタグを使用して少しでも多くのユーザーの目にとまる工夫が必要です。


4.フォロワーなどのファンとのコミュニケーション


広告やチラシ、ホームページなどでは、店舗側から一方的に情報を発信することしかできません。 しかしSNSでは、店舗とユーザーの双方向のコミュニケーションが可能です。 インスタグラムでも、フォロワーやアカウントの閲覧者が増えてくるとコメントがつきやすくなります。 ついたコメントは放置せず、出来る限り反応してユーザーと密なコミュニケーションを取るよう心がけましょう。

コミュニケーションを取るアカウント運営をしていると、店舗のリピーターはもちろんですが、まだ来店したことのないユーザーでも気軽にコメントしやすくなり、来店機会を誘導するきっかけにつながります。 加えて、コメントやメッセージにはアカウントを運営している人の個性が出やすいため、店舗の雰囲気やスタッフの人柄を直接伝えるきっかけにもなります。


5.ユーザーを巻き込む


店舗に来店したユーザーにも、インスタグラムアカウントの認知に一役買ってもらうこともポイントです。 商品や店舗の写真にあらかじめ指定したハッシュタグをつけて投稿してもらうと、ユーザーのフォロワーに対して周知できます。 この際、インスタグラムへ投稿すると割引などの特典があるとユーザーも参加しやすくなります。

ユーザーの投稿は見逃さず、Repost*などのツールを使用して自社のインスタグラムアカウントに再投稿することもポイントです。 再投稿することでユーザーに対して「投稿を見ている」という意思表示ができ、投稿への意欲向上を促進する効果があります。