インバウンドで地元地域を海外メディアに注目させる

「日本の特定地域が、海外主要メディアに取り上げられた!」という報道を耳にしたことはあるでしょうか。 例えば、京都が米旅行誌「世界の観光都市」のランキングで2014年・2015年連続で首位(2016年も6位)になったり、長野県の地獄谷野猿公苑のスノーモンキーが海外メディアで報じられ、知名度が世界的に高まりました。また、ニューヨークタイムズの「その年に行くべき52箇所」に日本(2015年は四国、2016年は関西地方、2017年は大阪、琉球諸島)がランクインするようなメディア掲載事例も多くあります。


海外メディアにアプローチする前に


2020年の東京オリンピックが近づくと、世界の視線が日本に集まり、日本の観光地を取り上げたい海外メディアが増えると考えられます。また、東京からのアクセスは良いが、まだ知られていない北関東のような「日本の穴場スポット」も、今まで以上に海外に紹介されるチャンスが増大すると考えられています。

そこで、ファムトリップを企画したり、プレスリリースを出すなど海外メディアへのアプローチを強化したい地域も多いのではないでしょうか。

しかし、どのようなアプローチをとるか考える前に、海外メディアが旅行記事を書く際に何を重視しているのか、どのような特徴を探しているのか、編集側のニーズをしっかり把握しておくことも大切です。編集側のニーズを理解し、求められる様なアピールができれば、結果メディア掲載の確率が向上するからです。


海外メディアに掲載されるためのポイント


海外メディアは様々な考えに基づき、旅行関連記事を書いております。「これがあります」「あれがあります」という地域のコンテンツの紹介だけでは、なかなか海外メディアに興味を持っていただけないこともお分かりになったかと思います。 海外メディアに興味を持ってもらうためには、前述したように編集担当者のニーズを理解することが大切ですが、Nikki Eksteinさんのお答えを参考にしますと、下の4つのポイントを網羅する必要があると思えます。

・これまでとは違った日本を体験ができるとアピールできるか?
・これまでにはなかった新しい旅のスタイルが提案ができるか?
・外国人観光客が過ごしやすいサービスがあるか?
・海外の人から見て、ワクワク感じる日本がそこにあるか?

海外メディア対応を強化する際や、プレスリリースを出したりする前に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。